受付時間 9:00~12:30/15:00~19:30(土曜18:00まで・日曜・祝日休診)

診療案内Medical information

口腔ガン

Oral cancer

口腔ガンとは?

口の中全体を口腔といい、ここに出来るガンを総称して「口腔ガン」と呼んでいます。「口腔ガンは」できる場所によって「舌ガン(ぜつがん)」・「歯肉ガン(しにくがん)」・「口腔底ガン(こうくうていがん)」「頬粘膜ガン(きょうねんまくがん)」・「口蓋ガン(こうがいがん)」・「口唇ガン(こうしんがん)に分類されます。部位別では「舌ガン」が最も多く、次に多いのが「歯肉ガン」となります。

知っておきたい「口腔ガン」知識現実

伸び続ける「口腔がん」死亡率グラフ

残念ですが、先進国で日本は唯一、口腔ガン(咽頭含む)の死亡数が増加している国です。

日本では年間約15,000人がかかり、約7,000人もの方が死亡しているとされている「口腔がん」。国をあげてがん対策に取り組んでいるアメリカを始めとする先進国では、早期発見/早期治療を徹底することで罹患率(りかんりつ)は変わらず高いものの死亡率は減少傾向にあるとされています。ところが、日本ではその逆で、罹患率も死亡率も年々増加する一方なのです。

口腔ガンは早期発見・早期治療で助かる病気です。

下記セルフチェックで「あっ」と思い当たる事がございましたらお気軽にスタッフまでご相談ください。

お口の中に白い斑点や赤い斑点がある。

お口の中に治りにくい口内炎や、出血しやすい箇所がある。

お口の中で盛り上がったできものや固くなった箇所がある。

合わない入れ歯を無理に使用して違和感がある。

顎の下と首の脇に腫れがある。

食べたり飲み込んだりがスムーズにいかないことがある。

当院では口腔がん検診をおこなっております。

口腔がん検診の流れ

STEP1
問診

口腔がんになる要素がどれくらいあるか?
生活習慣についてご入力(ご記入)いただきます。

STEP2
視診・触診

視診:お口の中の異常がないかを目で確認します。触診:ゴム手袋を付けた指で触り、しこりや盛り上がっているところがないかを調べます。

STEP3
写真撮影

青色光を当ててお口の中に異常がないかを確認します。
そのままお口の中の撮影を行います。通常の写真と青色光を当てた写真を撮影します。
※エビデンス(検証結果)として細かく写真を撮影しておくことが重要です。
異常の疑いがあるような場合には、遠隔で専門医のサポートが受けれる口腔検診ナビシステムへ画像を送信し、専門医のサポートを受けることができます。

ORALOOK HITS CAMERA
[口腔内蛍光観察装置]

このカメラで撮影した画像データは自動的にクラウドに、アップロードされます。

クラウドサーバ(情報管理)

ソフトウェア

パソコン内の検診記録管理、ソフトウェアで撮影画像を確認。

口腔外科専門医

疑わしい症例(画像等)があった場合、専門医のサポートを確認。

STEP4
結果報告
説明

患結果を報告書にまとめ、それを元に口腔内の現状に関しカウンセリングを行います。口腔内に関し、歯科医師から指摘を受けた場合は、速やかに口腔内の治療や改善を行ってください。

口腔ガンは早期発見・早期治療で助かる病気です。お気軽にスタッフまでご相談ください。