受付時間 9:00~12:30/14:30~19:00(土曜17:00まで・日曜・祝日休診)

マウスピース矯正

Giko Aligner

Giko Alignerとは?

透明のPET樹脂(ペットボトルの素材)を用いたマウスピースによる主に前歯部を対象とした審美性の高い矯正装置です。

Giko Aligner

アピールポイント

1.透明で気づかれない

Giko Alignerならまわりの視線を気にせず歯並びを改善できます。

2.取り外し自由

必要に応じて自分で取り外しができるので、食事やイベントも今まで通り楽しめます。
歯磨きもしっかりできて衛生的です。

3.安心

シミュレーション画像により歯の動きを確認することができます。
料金や治療期間が確認でき安心して治療することができます。

4.痛みが少ない

ソフト→ミディアム→ハードの3枚のマウスピースを段階的に使用することで痛みは軽減されます。

5.金属を使わない

金属を一切使わないので金属アレルギーの方でも大丈夫です。

6.発音しやすく違和感が少ない

通常の矯正に比べワイヤーなどの金属を使わないので違和感は最小限です。

7.通院回数は月2回

お忙しい方でも通院は最小限です。

歯並びが身体へ与える影響

磨き残しが起こりやすく、衛生状態が悪くなる。また口が開いた状態になる場合、歯や歯肉が乾燥しやすく、虫歯や歯周病の原因に。

発音

ひどい出っ歯や前歯に隙間がある場合、空気が漏れて正しい発音ができない。影響をうけやすい言葉は サ行・タ行・ナ行・ラ行

噛み合わせが悪いと、 噛んだ時顎がズレ、 顎関節症の症状が出る。顎がズレる事によって、 顔の形に影響を与える。

精神

歯並びが悪い事でコンプレックスになり、自信がなくなり性格にも影響を及ぼす。

全身

噛み合わせが悪いと顎の周りの筋肉が緊張し、筋肉が硬くなり血行障害が起きるため肩こりや頭痛が起きる。

消化器科

噛み合わせが悪いと、よく噛む事が出来ないだけでなく 唾液分泌が悪く、消化しにくい状態で食べ物が胃へ胃腸への負担が大きくなる。

歯並びの種類と治療例

叢生(そうせい)

歯並びの種類

何本かの歯がでこぼこに生えている。

特に多いのが犬歯が歯列からはみ出した「八重歯」。

歯が重なりブラッシングでの磨き残しが多く、虫歯や歯周病になりやすい。

日本人に多く、歯列不正の4~5割がこのタイプ。

Before

Before

7~8割がこのタイプ

開咬(かいこう)

歯並びの種類

奥歯は噛み合っているが、前歯は上下の歯の間にすき間が開いている。

口が閉じない、前歯で物が噛みきれない。

口の中が乾燥しやすく、歯肉炎になりやすい。

さらには発音で息が漏れやすく、「か・さ・た行」が聞き取りにくい。

Before

Before

開き具合によってはマウスピースで
は完全に閉じない事も

上顎前突(じょうがくぜんとつ)

歯並びの種類

一般的に「出っ歯」と言われる状態。

上の前歯が前に傾斜して出ている。

前歯で物が噛みきれない。発音で息が漏れる。

常に口が開いた状態が多くなるため、口の中が乾燥して歯肉炎になりやすい。

Before

Before

骨から出ている場合は、
外科矯正の可能性も

反対咬合(はんたいこうごう)

歯並びの種類

下顎前突や受け口とも言う。

骨格的な問題が多いが、上下の前歯がぶつかるのを避けようとして、下顎を前に出す習慣からなることもある。

下唇が前に出て口角が下がり不機嫌な表情に見えやすい。

マウスピース矯正では不可能な場合が多い。

Before

Before

骨から出ている場合は、
外科矯正の可能性も

空隙歯列(くうげきしれつ)

歯並びの種類

一般的に「すきっ歯」と言われる状態

あごのサイズが大きい、または歯の大きさや本数不足により歯と歯の間にすき間ができる。

舌で前歯を押す癖からなることもある。

発音で空気が少し漏れる。

Before

Before

マウスピース矯正で、
比較的効果が出やすい

マウスピース矯正の治療の流れ

1.ご相談・矯正のご案内

当医院のGiko Aligner認定歯科医師にご相談ください。

2.歯の型どり

正確なシミュレーションを行うため歯型をとります。
(シミュレーション確認後に治療開始できます。ぜひ当医院スタッフまでご相談ください。)

3.シミュレーション画像

画像をもちいて最終の歯並びや矯正の期間をご案内します。

4.治療開始

順番どおりマウスピースをつけるだけで歯が動いていきます。通院はおおよそ月に2回程度です。

5.治療完了

しばらくは元に戻らないようにマウスピースを装着します。

よくある質問

Q矯正していることがわからないようにしたいです。

AGiko Alignerは透明で薄い素材のため、目立たず装着時の違和感もありません。
また、必要に応じて自分で取り外しできるので、ご安心ください。

Qずっと装着しないといけないのですか。

A1日17時間以上の装着をお願いしています。
装着時間が短いと歯の動きが悪くなり、治療期間などが変わることがあります。

Q痛みはありませんか。

A歯が動いているため、痛みがある場合がありますがソフト→ミディアム→ハードの3枚のマウスピースを段階的に使用することで痛みは軽減されます。
痛みが出たらしばらく様子を見ていただき、しばらく痛みが続くようであればご相談ください。

Q清潔にするには、どうしたら良いですか。

A装着前後は軽く水で洗ってください。
マウスピースは透明ですが、雲って見える場合は一旦取り外して水に浸し、水滴を付けたまま装着するとキレイになります。

Q装着したまま飲食可能でしょうか。

A可能です。
しかし食後は取り外して、しっかりと歯磨きをしてください。

Qあごが小さくて他の医院では難しいと言われたのですが、できますか。

Aマウスピース矯正は本来、抜歯せずに治療するものです。
しかし場合によっては抜いたほうがキレイになる場合は抜歯をご提案することがございます。
診察やレントゲン、シュミレーション画像を見ながら相談していきましょう。

Qたばこを吸っていても治療できますか。

A歯の動きや治療期間には影響ありませんので治療自体は可能です。
ただ、喫煙は歯周病のリスクを高める原因の 1 つですので当院ではおすすめしていません。